あの子のことをしゃべりたいの

今日も今日とて、こじゃこじゃしい

居ないと知って行ってみた

お金と時間の使い方を激しく間違えているなぁとしみじみ思う今日この頃。それでもやっぱり夢と現実の狭間を行ったり来たりすることをやめられずにいます。
自分に焦りを感じつつも、思いきってがっつり夢に魅せられてきてみました。

沢山の初めてと夢みたいな現実がいっぱい詰まった2017年12月14日。ジャニヲタの醍醐味とも言えるコンサートに行ったことのなかったジャニヲタ8年生が、ついにコンサートに行って参りました。
記念すべき初コンサートは『関西ジャニーズJr. X’mas SHOW 2017』。
そうです、夢の松竹座初ログインです〜!!f:id:CO4:20171217204935j:imageはてなブログって もっとこう、人様のためになるような文章を書き綴る場所だということは重々理解してはいるのですが、今回もただの思い出備忘録にしかならなさそう…。
20歳を過ぎて ”初めてコンサートに行ってきましたイェイイェイ!” なんて喜んでいる自分ってシンプルに無様。無様な私と一緒に入ってくれたのは大好きな今江担のお友達*1でした。
クリパの発表が出たのは10月6日のこと。期待と幸せな気持ちで溢れるはずだったこのお知らせが、TLを混乱と悲鳴で包み込みます。

”出演者の表記が二つに分かれてる!?”
”自担の名前が無い!!!!”

春と夏、立つ舞台はみんな違えど、それぞれが自分の為に、自分達の為に、一生懸命頑張っていた関西Jr.達。
みんなが一緒にいるところを見れなかったのは寂しかったですが、そのぶん次に集まったとき個々の力が合わされば最高のものが出来上がると思っていたし、その ”次” を見れるのはきっと冬なんだろうなと思っていました。それなのに、なんで。別仕事?ちゃんとお仕事はあるの?どうしよう。
『なんで』と思いながらも『だろうな』と思っていたどこか冷めた自分もいて。一人で静かに事務所に不満を募らせていました。

自担が居ないにも関わらずクリパの申込をしたのにはいくつかの理由があります。
①Aちゃんと連番がしたかった
正直言ってこれが私にとって今回一番の目的!入りたくて入れなかった方にはふざけんなと思われるかもしれませんが、これは今年の夏松竹のときからの夢で。全滅&まさかの自担不在で叶わぬ夢となりましたが、本当に念願だったんです。小さな夢がまたひとつ叶って嬉しい!
②松竹座というものを知っておきたかった
会場に入ったことが無かったので、この先いざ松竹座の自担を観に行ったときに、余計なことで慌てたり心配になったりしないように。とりあえず、今回で大体のことはわかったつもりでいます。
③大好きな関ジュ達を見てみたい
そのまんまです。見てみたい!その一言に尽きる。
④奇跡の出演or見学を祈って
3%くらいの期待。この気持ち、該当担の方は少なからずあったのではないでしょうか。ポスターに載っていなくてもちゃっかりいる、なんてこともよくありましたもんね!あー……すごい何この気持ち、Jr.担みたい…。あ、私Jr.担だったわ…。

私の古謝くん名義はやっぱり力を発揮してくれなくて、 ”外れたらさっぱり諦める” という自分との約束どおり、この冬も愉快なレポを読みながら仕事を頑張ることに決めました。するとAちゃんから一通のLINEが。内容を簡単にまとめると《平日だけど当たったよ!》とのこと。

私は忘れていました。自分が当たらなくたって、相手が当たる可能性があることを。二つ返事で 行く!!!と答え、翌々日には恐る恐るチームリーダーに有給取得のお許しを貰いにいっていました。怖かったです。そこでカギとなったのはノリと勢い。(いきなりウェイみたいなことを言うな)

初日を迎えるまでは古謝くんが居ないのに本当に楽しめるのか少し不安でしたが、蓋を開けてみると、バンドメンバーの正門くん小島くん佐野くんが両方の公演に参加していることが発覚。推しメンの小島くんに会えるの!?エッやばい、それは楽しみ!!
最初の不安は消え去り、次は、これを機に他の誰かに心移りしたらどうしよう…というアホらしい不安が浮かび上がることになります。
セトリの予習もばっちり、兎にも角にも楽しみで楽しみで仕方なくて、Aちゃんと楽しもう!という気持ちでいっぱいでした。

で、結論から申し上げますと、超楽しかった。
Aちゃんが自名義でとんでもないお席を当ててくれたこともあり、自担が居ないからこそ、色んな人をゆっくり見れて良かったです。
初めてチケットをもぎってもらって感動、初めて松竹座のエスカレーターを上らせてもらえて感動(グッズ販売だけの場合は階段しか上らせてもらえなかったので)、「うわ、これ局動画で西畑さんが歩いてたとこちゃうん!?」などと喜んで…初心者感半端なくて恥ずかしい。

客電が落ちる瞬間はたまらなくワクワクした。コンサートDVDで何度も見てきたこの光景、今日はその中に自分もいるのだと思うと不思議でした。
そこから音楽が流れて暗闇*2から関ジュ達が歩いてくるのですが、照明がついて顔が見えたときの感想は『うわぁテレビの中の人がいる!!』。#隠しきれない初心者感
歩いてくる7人を見て「やばいやばい来るぞ来るぞ来るぞ…」、照明がついた瞬間「出たーーーーーー!!!」。#言い方
古謝くんに初めて会えたときとはまた違う感情でしたが、みんなの顔を見た途端一気に目の奥が熱くなってきたのは事実。

◎BIG GAME
私が関ジュ担になるきっかけになった大好きな曲。序盤からこの曲でぶちかましてくれるということで、とても楽しみにしていました。龍太くんの生「いくぞ〜!!」から始まった7人の圧倒的なパフォーマンスに感動して思わず泣いてしまった。
お母さんから現場で泣いてはいけないとあれほど言われていたのに*3。でも自担居ないからまぁいいか(?)。
そのあとついに推しメンの小島くんが登場。「ンギャアアア!!!」とよくわからない声を出して悶絶しました。これも初めて古謝くんを見たときとは違って、キャー♡ではなくギャア。これが潜在意識的な担当と推しとの区別なのでしょうか。

◎Bring It On
この曲が始まってからずっと脚の震えが止まらなくて、前の席の背もたれに手をついて体を支えながらペンライトを振るのがやっとでした。
最初は誰を見れば良いのかわからなかったのですが、最終的に視線が落ち着いたのは予想通り小島くん。彼は本当に顔が綺麗で手脚が長くて…。ダンスについて詳しくないので、ここのステップがどうとか音の取り方がどうとかいう感想は言えないのですが、小島くんの美しさに見とれながらも時折他のメンバーをチラ見していました。
最高に贅沢だった私の視界。

◎SNOWDOMEの約束
大橋くんのスウィートハスキーボイスが至高!皆さん、チップチョップというチョコレート菓子をご存知ですか?f:id:CO4:20171217204907j:imageチョコレートに塩味という斬新な発想のお菓子です。もう生産中止になってしまったのですが、大橋くんの歌声を何かに例えるならまさにこれ。甘くて、でもしょっぱくて、やみつきになってしまう。

自己紹介ラップのときに初めて生で聞いた大橋くんの声が私の想像以上にハスキーだったので軽く困惑したけど、そんなハスキーボイスも歌に乗るととても素敵で。元大橋担(仮)*4の血が大騒ぎしました。

◎WISH(今江くんの振付講座)

輝きを全身で表現している今江くんの動きがあまりにもコミカル過ぎて笑い転げた。世界が平和になりました。

◎ロマンティック

「恋してるかい?」

『もちろん君に!』

「恋してるかい?」

『あなただけに!』

「恋してるかい?」

『君が全てさ!』

わかってはいたけれど、お馴染みのこのC&Rがやっぱりつらかった!

『君』が居ねぇ〜〜!!!

このレスポンスはどんなに大きな声で叫んでも、いつも恋している『君』には絶対に届かないのです。ここだけはどうしても声が出せなかったなぁ。くだらないことで、ちょっとテンションが下がってしまった自分が腹立たしかったです。

◎Give me…

大橋くんのスウィートハスキーボイスが(割愛)

『何度も何度も夢で抱きしめた』の大橋くんの切ない表情に、胸がきゅっと苦しくなった。忘れられない。あの大橋くんには(精神的な意味で)何度も何度も抱きしめられました…。

◎アイスクリーム

今江くんと朝田くんの周りに青い小鳥が飛んでいる演出と綺麗なお花が咲いている演出、それと二人の周りにふわふわ浮かんでるシャボン玉の演出ってありましたっけ?あ、ない?

じゃああれが噂の今朝ピースフルユートピアなんですね…。(大真面目)

二人ともほんっっとうに楽しそうで!銀河系一帯が平和になりました。

◎never

今回の大目玉、私が何よりも楽しみにしていた曲目!ただ、セトリの大まかな流れを覚えていたので、あのアラーム音が鳴り始めたとき『もうすぐ終わっちゃうんだな』ってなんとなく悲しくなりました。

そこで事件は起こったんですよ…、そこまでの段階で一番心を掴まれていた ”何度も何度も夢で抱きしめる大橋くん” を超える人物が現れたんです…もう恐ろしい……。

最後のサビに入る前の、回る盆の上でみんなが同じポーズをして椅子に座っているこのシーン。(拾い画ごめんなさい)f:id:CO4:20171217234523j:image彫刻みたいな人がいる…!!!

その姿は『ビバ』というよりもはや『美バ』。ペンライトを振ること、なんなら息することすら忘れて見惚れてしまった。そう、推しメンの小島くん…!!

顔の角度、目線、照明の当たり具合、全て込みでのあの美しさに、私はその日の全部を持っていかれてしまいました。今となっては公演の記憶の半分以上が ”流れゆく人並み逆らうよう歩き始める小島くん” なので、本当に恐ろしいです。こわいもの見たさ(もちろん良い意味)で、もっと色んな表情を見てみたいと思いました。

Blow out

関西Jr.で昔から歌い継がれてきた曲。最初この曲の存在を忘れていて、『あ、Esperの前にこっちか』と思いながら聴いていたのですが、突然古謝くんの姿が脳裏をかすめて。昔の松竹座での公演で、沢山の先輩に囲まれて Blow out を歌っていた古謝くんの映像を思い出したんです。

今日ここに古謝くんは居ないけど、去年の冬も、その前の冬も、彼はこの舞台にずっと立ち続けていたんだなぁって。一年前の12月14日、彼はここでディディダッダッ(略)をしていたわけです。そう思ったら、意味のわからない涙が込み上げてきて。

こんな盛り上がる曲で変な気持ちになっているのは私だけだと我に返って恥ずかしくなりましたが、やっぱり会いたかったなぁと思ってしまいました。

エモい自分がキモい。

 

2時間程の夢の時間は思ったよりも早く下がっていく幕と共に呆気なく終わってしまって、何に対してかわからないため息をつき、足元に沢山落ちていた紙吹雪を一枚バッグの中に入れて会場を出ました。いや、負けた高校野球児かよ…。

関西ジャニーズJr.のみんなは、自担不在な私のことも十分過ぎるほどに楽しませてくれるプロフェッショナル集団。他の誰かに心移りしたら…なんてアホらしい不安も拭い去ってくれるおまけつき。

終演後には古謝くんのことを今までの2.5倍好きになっている魔法もかけてくれていました。ちょっとみんな良いの?サービスやばくない?コスパ良すぎじゃない!?

 

会いたい人に会えて食べたいものも食べることができて大満足だったのですが、途中で買う予定が無かったものまで買ってしまって。また私はあのときと同じ過ちを繰り返してしまいました。

もう二度と金落とさないと決めたハズなのに

僕はどうしてまた君の写真買ってるんだろう。

もうビバをごまかせない___

f:id:CO4:20171218005646j:imageってオイ!!!!!!

800円と引き換えに、震える手で松竹のお姉さんからステフォを受け取ったあの夏の過ち*5、再び…。ヲタクは学習しない。

 

そんな学習しないヲタクこと私にも、この一日の中でひとつだけ得たものがあります。それは具体的な知識や技術ではなく、ぼんやりとした感覚的なもの。

ずっと前から大好きなのにどうしてもピンとこない、とある曲のワンフレーズの意味。今回自担が居ないステージを見て色んなことを感じて、その歌詞の意味をやっと理解出来た気がしました。

言葉では説明しにくい、なんとも言えないあの気持ち。

花のない桜を見上げて

満開の日を想ったことがあったか?

あったかくてキラキラしていて、それでいてちょっと切ない。

 

松竹座は素敵な場所でした。

 

 

 

 

*1:以下Aちゃんとします

*2:ちょっと舞台用語がわからない

*3:詳細はひとつ前の記事をご覧下さい

*4:詳細は何個か前の記事をご覧下さい

*5:自担以外にお金を落としたくないスタンスの私が、この夏、何かに取り憑かれたかのように自担でない小島健くんのステフォに手を伸ばしてしまいました