愛してる.com

笑えるほど愚かなヲタクによる

録画の仕方を忘れた夜

それはもう、ワイワイトゥナイどころの騒ぎではなかった。

TLで "うたコン" "いまこじゃ" というワードを見つけた瞬間、私は全てを察しました。

"いつか自担と元担が横並びで共演しているところを見たい"

その "いつか" が、思っていたよりもずっとずっと早く来たのです…!

f:id:CO4:20190531231605j:image

『うたコン』ご出演、おめでとうございました!!

4人の動画が更新されて、やっと実感が湧いてきたかんじです。夢みたいだったけど、夢じゃなかったね!

 

足腰が生まれたての子鹿になってしまって、

涙腺がバカになってしまって、

チャンネルを変えることで精一杯、使い慣れたリモコンの使い方もわからなくなって、

挙げ句の果てに「これどうやって録画するのォォォ!!!!(絶叫)」などと錯乱している私を『絶対に血縁関係を認めたくない』というような目で見ていた妹が録画ボタンを押してくれたので、なんとかラスト30秒ほどを録画することができました。(30秒)

 

自担と同じ空間で同じ時を過ごせる現場は最高ですが、画面の向こう側にいる自担を電波を通してリアルタイムで見ること*1は、現場とはひと味違った良さがある気がします。

2017年のベストヒット歌謡祭で、エイトさんの後ろから関ジュが出てきた瞬間を思い出す高揚感でした。

 

さて、このブログの一番最初の記事に書いている通り、私の元担は山田くんです。

6年間ほど応援していたけど、結局一度も会いに行けないまま降りてしまった担当でした。

 

今思えば降りる降りないも会いに行ける行けないも、運というか多分タイミングの問題で、

あと一年早く古謝くんの良さに気づいていたら、お小遣いもなくバイトもさせてもらえない高校三年生の私は自分の無力さに絶望してヲタク自体を辞めてしまってそうだし、常時メロヲタで花畑脳女である今の私は絶対にいないだろうと思います。

滝沢歌舞伎南座公演の私的初日に向かう電車の中で、"シングル1種類を買うだけでもあれほどセレクトに頭を悩ませ躊躇っていた私が、チケット1枚1万円もする滝沢歌舞伎へ…あの私が…ついにッッ…滝沢歌舞伎へッッッ……!!!ボワァァァァン…!ラ〜ラ〜ラ〜〜〜…(Ultra Music Power)" と急に感慨深くなり、今までのジャニヲタ人生が走馬灯のように頭の中を駆け巡ったのを覚えています。古謝くんが南座に連れていってくれた一ヶ月間、本当に幸せでした。

 

関ジュはJUMPと接触があるイメージがあまり無く、でも私はそれぞれに思い入れがあって、だからこそ、いつか古謝くんが山田くんと横並びで共演する日を密かに夢見ていました。

"二人が隣に並ぶのは古謝くんがデビューしてベスアのシャッフルメドレーで同じ組になったときとか、カウコンのときかな〜♡" って、他担からしたら『お主寝とるんか?』ということを考えていたのに、こんなにもすぐにそれが叶うなんて。

 

古謝くんが山田くんと共演したのはいつだろうと思い返してみると、

f:id:CO4:20190602174106j:imageTEN JUMPのときか

f:id:CO4:20190602174226j:image単独カウコンのとき?

あとは、少クラのin大阪のときとか、もはや共演じゃないけど2017年のツアーに見学に行ったときかな?

いずれにせよ横並びで共演することなんてまず無かったし、照明も当たらないような遠く離れたところというか、見ているのは必死に目を凝らしている関ジュ担くらいの立ち位置だったのに、

今回はメインの山田くんに近いところで照明ガンガンに浴びて、JUMPのファンの方にも あっ、古謝くんだ!って認識してもらえているくらいしっかり共演していて。

つい最近応援し始めたような私がこんな気持ちになってるのは変というか失礼と思うけど、古謝くんがあのポジションに選ばれたことが本当に本当に、ほんっっとうに嬉しかったです!!

 

ステージでキラキラ輝く古謝くんを久しぶりに見て喜びの涙を流し錯乱していた私ですが、その数分前まではとても後ろ向きな気持ちでいました。

 

長い間一緒に頑張ってきていた彼の仲間が、また一人、事務所を去っていきました。

 

もうめちゃくちゃに顔が小さく手脚が長く ダンスもどんどん上手くなっていて 関西担の中でも敬遠されていたツアバに『早くつきたい!』と言ってくれているような子だったし、

何よりも、大好きな友達の大好きな子だったので、悔しくてやるせなくてショックでたまりませんでした。

 

毎月二人以上のJr.が退所しているという現状、はっきり言ってこれは異常です。

誰かに何かしらの圧力でもかけられたの?と思ってしまいます。

どこかで "上の人はJr.を一人残らず救おうとしている" という意見を目にしましたが、どうやったって私にはそうは見えません。

 

救う?誰を??

 

あんなにも素晴らしい晴れ舞台を用意してもらいながらこんなことを思うのはとんでもない恩知らずであることは重々承知で、"一人残らず救おうとしている" という見解に、今の時点では頭の中が疑問符だらけです。

 

それと同時に、この異常事態を見ていると、一体内部では何が起こっているんだろう…と無意味な不満が次から次へと出てきて、数時間前には "自担はこの事務所で仕事してて楽しいのかなぁ" と本気で心配になってしまいました。

そんなこと、ヲタクに関係ないのにね。

 

そんなモヤモヤを、古謝くんのダンスが、笑顔が、存在が、ぜーーーんぶ吹き飛ばしてくれました!

これこれ!私が好きな自担はこちらですブラジルの皆さん聞こえますかァァァ!!!!!って思いました!!

夏は松竹でお目にかかりたいな、出来れば看守長…(照)って思ってたけど、やっぱツアバも良いなと思ってしまいました!!!

 

誰かのバックについた途端 松竹座とは少し違う "プロ" の顔になるところ、

楽しすぎて 『たのしいです』と顔に書いてあるところ、

ミスに触れてほしくなかったはずなのに何故か自らミスについて切り出しちゃうところ、

後輩の憧れの先輩のことはすかさずつっこんで 尊敬している気持ちを色んな人に広めてあげようとしているところ。

 

一気に きゅーーーーん ときてしまった。

 

古謝くんが最後に見せた笑顔こそが全てだと思いました。

f:id:CO4:20190602184048j:image

 

悲しみ苦しみには目隠しをして、綺麗な夢と素敵な景色を沢山見せてくれてありがとう。

いつも私の夢*2を叶えてくれてありがとう。

私の横っ腹から多少の血が噴き出しても、古謝くんの夢は絶対に叶ってほしいです。

 

今日もアイドルでいてくれて、本当にありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来世もアイドルでいてくれるのなら、私は絶対に古謝くんの後輩になりたいです。

(自担への大好きが限界を突破し、感情が280周くらいした人)

*1:収録映像の放送はもちろん、本当に生放送だった場合は尚更

*2:ヲタク的な